イベント詳細

  • 日付:
  • カテゴリ:

「働き方改革」ワークショップ

~私たちにとって働きやすく成果をあげる働き方とは?~

いま、長時間労働の是正や多様な働き方の促進などの「働き方改革」がすすめられています。
夜8時に消灯されるなど、改革に準じた動きも広がりつつあります。
働き方改革をめぐる取り組みは、心身の健康確保、仕事と生活の調和、多様な働き方の推進など、歓迎される面があるものの、一方では「仕事をこなすには残業しなければ…」「クリエイティブな仕事は時間ではかれない…」など、現場に合わない制度づくりに苦言も聞こえてきます。

「働き方改革」は、私たちにどんな影響を与えようとしているのでしょう?
また、私たちが満足できる働き方とは、どのようなものでしょうか?
法律や制度づくりによってできることは限度があります。
今回の改革をきっかけとして、私たちが自分自身の働き方を見直したり、職場の環境やルール、業務プロセス、組織風土などを見直していくことが、本当の改革につながっていくのだと思います。

このワークショップでは、働き方改革をめぐって一人ひとりが感じている不安や期待、迷いや違和感などを共有し、自由に語りあってみたいと思います。
そして、私たちがより良い働き方を実現するために、どんなことを大切にすればいいのかを、ともに探ってみたいと思います。


◇日時 :2017年 5月 21日(日)13時-17時

◇会場 :Room701 (大阪・淀屋橋)
     大阪市中央区伏見町4-4-10 新伏見町ビル7階 
http://www.room701.jp/

◇参加費:3,500円  *会場でお支払いください。

◇定員 :20名

◇ワークショップのねらい:
・働き方改革をめぐる動向が、いま私たちにどんな影響を与えているのかを俯瞰する
・働き方をめぐって、多様な立場・職種の人たちと思いをわかちあう
・私たちにとって働きやすく成果をあげる働き方はどのようなものかを探究する

◇ワークショップのすすめかた:
ポジティブアプローチの考え方にもとづき、さまざまな対話(ダイアログ)の手法をつかって、参加者一人ひとりの思いを引き出し、共有します。
さらに、多様な視点を共有することで、自分自身や自分の職場における「当たり前」を見直し、より良い働き方への探求を促します。
1. オリエンテーションとチェックイン
2. 働き方改革をめぐる各人の思いを共有する
3. 私たちにとっての働き方改革を探究する
4. これからの行動を仮説化する
5. チェックアウト(気づきの共有)

◇主催 :合同会社チーム経営

◇参加申込:

[contact-form-7 404 "Not Found"]