米国でつかわれているリーダーシップの「教科書」に、新旧のリーダーシップの枠組みを示すキーワードが載っていました。
     
◆従来のリーダーシップを示すキーワード:
 安定性、コントロール、競争、均一性、
 自己中心的、ヒーロー
     
◆新たなリーダーシップを示すキーワード:
 変化と危機管理、エンパワーメント、協働、
 多様性、高い倫理的な目的、謙虚
        
新旧それぞれに大切なキーワードが並んでいますが、いまは、より後者のキーワードについて深く考え、取り組んでいくことが求められているように思います。

安定を保持するよりも、自ら変化を促し成長の機会をつくっていくこと。
多様な人たちの持ち味を最大限生かすような協働を促すこと。
そして、高い倫理性をもってビジョンを描き、謙虚にはたらきかけていくこと。
       
そんなリーダーシップが、人と組織の成長を促進していくのだと思います。
まずは「謙虚」であることが、他のキーワードの実現を促していくのかもしれません。