文章を書いていると、ついつい、これを読む人の気持ちを考えてしまいます。
メールであっても、手紙であっても、ちょっとした提案であっても。

すると、いい加減な文章は書けなくなる。
 
読む人が複数なら、なおのこと、いろいろな場面を想定してしまいます。

「意図は通じているだろうか?」
「誤解はされないだろうか?」
「大事なポイントを読み飛ばされないだろうか?」
 
「あーでもない」「こーでもない」と考えながら、最後は「まあ、このへんでいいか」と折り合いをつけます。
 
生産性が低いのですが、ちょっとした文章をつくるにも、時間がかかってしまいます。