人が生き、成果が上がる組織づくり

現代の経営環境~ファシリテーションの必要性

いま、組織は大きな経営環境の変化にさらされています。職場の中には多様な価値観、考え、知識を持った人々が増えています。そして環境変化に対応するため、職場や組織をこえて異なる価値観、考え方、知識を持つ他者と協働する必要が増しています。

 

 

≪ファシリテーションが求められる要因≫

専門知識の高度化
多様な考え、多様な知識を持つメンバーが、知恵とチカラをあわせる必要性が増大している
成果主義の弊害
役割をこえて助け合うインセンティブが薄れ、協力・信頼関係がなく、不機嫌な職場になっている
環境変化のスピードアップ
顧客ニーズや技術環境が日々変化している。現場で対応するメンバーが、自分で考え、対応する必要性が増大している
雇用の流動化
自分に合った、居心地の良い、自分を成長させてくれる職場を求めて、転職・離職する人が増えている
社会の価値、労働形態の多様化
多様な価値観・考え方・立場を持つメンバーが職場に増えており、これらをすり合わせて仕事をする必要がある

 

こうしたなかで、多くのリーダーが変化の波の中でほんろうされ、次のような悩みを抱えているのです。

≪リーダーの典型的な悩み≫

不機嫌な職場になってしまっている! ・メンバーが協力できない ・自分の役割・部門のことしか考えない ・人間関係がギスギスしている
経営革新したいが、メンバーを巻き込めない! ・リーダーの思いが強く、空回りする ・従業員のアイディアを引き出せない
メンバーが自分で考え、動いてくれない! ・権限委譲して自分で考え動く社員を育てたい ・「全員野球」ができる一致団結した組織を育てたい ・部下を育てられる管理職を育てたい
会議の効率が悪く、課題解決の力が弱い! ・メンバーが発言しない会議だ ・何が決まったかわからない、役に立たない 人が辞めてしまう    ・離職率のアップ ・モチベーションの低下

 

お問い合わせは問い合わせフォームでお願いします。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © LLCチーム経営 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.