ファシリテーター型リーダーシップ講座   
~人が生き、成果があがる職場づくりのリーダーシップを学ぶ~

次回は、2016年2月6日(土)10:00~17:00 

  
いま、お客様のニーズに素早く対応し、課題を解決するためには、リーダーがさまざまな知識や情報、アイデアを持っているメンバーをうまく巻き込むことが必要です。

ファシリテーションは、メンバーを巻き込んで、メンバーの知恵とチカラをあわせて課題解決に導く、“場づくり”のスキルです。

メンバーの意見や、ちょっとした違和感を場に出させ、課題をみんなで共有し、チームで協力して課題解決をすすめていくことが、お客様の満足度を高め、組織の成果を高めていくことにつながります。

この講座では、今ますます必要性が高まるファシリテーター型リーダーシップについて、その役割を理解し、実践で活用できる基礎的なスキルを学びます。

チームを率いるリーダー層の皆さまや、新しくリーダーになられる皆さまに、ぜひ受講いただきたいと思います。

   

   
■この講座のねらい

(1) ファシリテーター型リーダーシップについて知る
(2) ファシリテーションスキルのリーダーにとっての重要性を知る
(3) 知恵と力をあわせられる職場とそうでない職場の違いを知る
(4) 知恵と力をあわせられる職場をつくるファシリテーションのスキルを学ぶ
(5) ファシリテーションの強い組織づくりにとっての重要性を学ぶ
    

■この講座で学ぶ内容

(1) ファシリテーター型リーダーシップについて学ぶ
(2) 知恵と力をあわせられる職場とは~グループプロセスを学ぶ
(3) 知恵と力をあわせられる職場をつくるファシリテーションの10の役割を学ぶ
(4) ファシリテーションのベースになるコミュニケーションスキルを学ぶ~自己開示とフィードバック 
(5) コンセンサス(合意形成)を学ぶ
(6) ファシリテーションの強い組織づくりにとっての重要性を学ぶ

 
   *プログラムは一部変更する場合があります。
   *いずれもラボラトリー方式の体験学習法に沿って学びます。

 

 

 

チームの成果を高めるリーダーシップが学べます。

       
講座のアンケートより
  • 今までに経験したことのない研修で、自分自身のスキルを磨けた。
  • 職場の研修の中にもファシリテーション研修があればと思った。
  • 会議を進めるにはいろいろな役割があるということで、その会議にあった役割とはと意識することができた。
  • 楽しく分かりやすい講義・実習でした。この時間数での内容としては、非常にわかりやすく、役立つ内容でした。
  • うまくいく会議のコツの要点を理解することができた。日々の会議で報告ばかりになっているが、1つでも議論する時間を作り全員発言の会議を作りたい。
  • 研修の中で話し合える雰囲気ができ、自分の緊張がとかれた。模擬演習を通じて朝は消極的であったことが、自由に発言できるようになった。
  • 職場のコミュニケーションづくりにおいて有効な方法であり、若い人の意見を引き出す方法として役立てたい。

LLCチーム経営のおもな研修実績
人事院近畿事務局、大阪高等裁判所、熊本県健康福祉政策課、大阪府中小企業家同友会、国立大学法人静岡大学、
大阪YMCA国際専門学校、大阪経済大学社会人講座、e製造業の会、兵庫県立病院、熊本市市民生活局、
関西社会人大学院連合(インテリジェントアレー)、神戸市民病院機構、大阪産業創造館、その他 企業、非営利団体など多数。

定期的に開催しています。