先日、ある組織でワークショップをさせていただきました。
各部署から数名程度選ばれた方々が、参加されました。  
  
どうしてこの組織で働いているのか?
日々担当している仕事だけではなく、自分がここにいる理由や、
自分が担っていくべき役割について、すこし時間をとって明らかにしていきました。
  
同僚とゆっくり語りあうなかで、
自分の役割、自分が本当にやるべきことが明らかになり、そして、
この組織のあるべき役割が明らかになってくることをねらいました。
 
時間の関係で、やり残した感じが残りますが、
参加された一人ひとりが、自分の仕事の根幹を感じたり、
この組織のあるべき役割にあらためて思いを馳せたりする、貴重な機会となりました。
   
どこの職場でも、一人ひとりが担う仕事量は多く、
目の前の仕事を片付けるだけで毎日が過ぎていくのだと思います。
  
すこし時間をとって、自分の心の深いところに注目してみる、そして、
そうやって見つけたものを仲間と語り合うような時間があればいいですね。
職場の様子や自分の立ち位置が、ちょっと違って見えてくるかもしれません。