複数のスタッフでセミナーや研修をしたときは、終わってから一緒にその場をふりかえります。
  
同じ場にいても、見えたものや感じたものは異なるからです。
大きな流れは、共通しているものの、局所的にはまったく異なることを感じていたということもおこります。
 
とくに大きく異なるところに光をあてると、一人ひとりの関心の持ち方や価値観などが明らかになってきます。
また、スタッフのあいだの影響力や、依存の度合い、期待のずれ、思い込みなども明らかになってきます。
 
体験をふりかえることで、よりよい行動をイメージしたり、お互いがもっと協力しあえるようなかかわり方を見出したりすることができます。
セミナーや研修に限らず、チーム・組織づくりにおいて、とても大切なことだなと思います。