みなさんは、自分の”強み”を知っていますか?

最近、私が興味あるポジティブアプローチでも言われることですが、自分の”強み”を知っていることはとても役に立ちます。欠点を知っていることより重要なことです。
自分の強みを意識して新しい状況などに対応することが、パフォーマンスがあがることにつながります。


自分の強みを知るためには、いくつかの方法があります。
簡単なのは、自分が思う強みについて対話するということです。
下記の問いにはどう答えますか? これをもとに日頃のあなたを知っている人と対話することで自分を知ることができるでしょう。

  • 学生時代に好きだった科目は?
  • 子どもの頃夢中になれた活動は?
  • これまでの中で自分の心をわくわくさせてくれた体験は?
  • 親や友達、先生など(重要な他者)があなたについて褒めてくれたことは?
  • 逆境を乗り越えることを助けてくれた力は?


そのほかにも下記のようなテストを受けることで知ることもできるでしょう。


強み診断ツール『VIA-IS』の紹介

ポジティブ心理学の第一人者であるクリストファー・ピーターソン博士とマーティン・セリグマン博士が開発した、強み診断ツール「VIA-IS」を無料で受講できるオンラインサイトがあります。
米・VIA研究所が提供するこの診断ツールは、世界190カ国、260万人以上の人々に使用された、最も信頼のおけるものの一つです。
設問は全部で120問あります。20分ほどで終了することができます。viacharacter-top
メールアドレスを登録する必要があります。途中、DMメールを送っていかどうかの確認もあります。

 

https://www.viacharacter.org/survey/account/register

【使用方法】
1)上のリンクをクリックすると、対象サイトに移動します。
2)質問が英語で表示された場合は、右上の言語を「日本語」に変更してください。
3)氏名をアルファベットで、メールアドレス、パスワード(五文字以上)を記入し、性別、生年月日を選択して、「Register」(登録)ボタンを押して下さい。
4)「VIA・徳性調査票(VIA-IS)」の「Take Survey」ボタンをクリックして始めて下さい。全ての質問に答えるまでに約20ー30分間かかります。
5)質問の最後に、お住まい(またはお勤め先)の郵便番号を記入し、国を選択してください。
(VIAに関する継続受講に興味がある方は、その下に羅列されている科目で興味のあるものにチェックしてください。後日、VIA研究所から案内のメールが届きます。ただし、現在は英語のコースが中心です)
6)「Complete Survey」(診断完了)ボタンを押すと、次の画面に移動します。「Download Character Strength Profile」のボタンを押すと、日本語で24種類の強みが上位順に表示された診断結果が表れます。上位5つが「自分を特徴づける強み」と考えられます。必要に応じて、印刷して保存してください。
注:「Download Your Results」のボタンを押しても、日本語でうまく表示されない場合があります。
備考:「Purchase an in-depth report」を押すと、強みを深堀りした『VIA-ME!』というレポートを購入することができます。ただし、英語のみのレポートとなります。

 

強みに関する調査票 (VIA) 

もう一つの
マーティン・セリグマン教授がいるペンシルバニア大学 ポジティブ・サイコロジーのWEBサイトで診断できます。
研究のデーターですので属性を聞かれ、メールアドレスを登録する必要があります。年1回ぐらいメールが来ることがあります。

強みに関する調査票 (VIA) 24の徳性に基づく強みを測定します。authentichappinesslist
240の全ての質問に回答するまで、あなたの強みを測定することはできません。
1時間以上かかると思いますが、大学の研究所なので信頼性が高いと思われます。

https://www.authentichappiness.sas.upenn.edu/ja/testcenter

 

ストレングスファインダー

書籍を購入するとついてくる強み診断(ストレングスファインダー)book00_
「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」という本に、コードが書いてあり、ギャラップストレングスセンターのサイトでテストが受けることができます。新品の本を買わないとだめですよ。